これからの「庭」とは

風景、土地、建築、庭、植物が調和し
「暖かく」人に恵みをもたらしてくれもの

「豊かな庭」
実利というわけではなく、精神的に癒やされる庭

春の訪れ(誕生・再生・青春)
草葉の生い茂る夏(成長・朱夏)
収穫の秋(実り・落ち着き・白秋)
すべてを覆い尽くす冬(死・生命のコントラスト・玄冬)

小動物の気配、鳥の鳴き声、花の香り、
地産の美味、樹木の肌触り

五感を揺さぶるものがある庭が「豊かな庭」なのか

植物や庭は、見たり鑑賞したりするものではなく
足を踏み入れ、そのにおいを胸いっぱいに吸い込み
すべてを享受するものではないだろうか

宇津木 英俊

1979年生まれ、九十九里出身
武蔵野美術大学短期大学部空間演出デザイン卒

フリーランスの造形美術施工を経て、2019年まで約10年間ブロカントに在籍し、ガーデンデザインから管理・施工を担当。
2019年より「建築」「景観」「植物・花」「食」と庭のより良いつながりをテーマに、刺激ある仲間と造園プロジェクトユニットParsley(パセリ)を始動。

Back To Top