MAOIQ

宿泊施設 / 北海道夕張郡長沼町 / 1905㎡

施工内容:植栽、枕木アプローチ、石テラス、薪の壁、照明 (デッキは2021年秋頃施工予定)

北海道ののどかな牧場風景に囲まれ、関東と比べると見渡すかぎり自然に溢れた心踊る土地。初代建築家の開拓、2世代目の宿泊事業、そして3世代目の事業拡大に伴い動線計画と植栽を担当。初代から継承されてきたもともとの雰囲気は牧歌的で、この雰囲気をより良くしていく事がポイントになった。滞在する宿泊客が、積極的に自然・庭と足を運び、その中でのんびりと過ごしてもらえるような木陰やベンチを作り、植栽は周辺環境に馴染むような、西洋シロヤナギとシラカバ、北海道でみられるようなライラックやハスカップ、牧草や野原を選んだ。隣接する牧場の丘の景色、牧草には蝶が舞い、風にそよぎ、夕焼け色に染まる─その風景の中で地のワインをあけて楽しむ時間は、得難い体験となるだろう。

Date:
Back To Top